【タイマーの効用】あなたに「喝!」を与えるスグレモノ

(スポンサーリンク)

「こんな状態では満足できませんよ!」

目標を高く掲げ実現に向けて日々取り組んでいるあなた。

一番のお悩みは時間がないことではありませんか?

サラリーマンなら残業を終えクタクタの状態で帰宅しても、自由になるのは就寝までのわずかな時間、ここを惜しんで活動していることでしょう。

がしかし、そもそも時間がないにも関わらず、気合十分であるにも関わらず、気づけば脱線している、そんなことってありませんか。

パソコンやスマホで作業しているつもりが、いつの間にかTwitterやYouTubeでネットサーフィン。

気づけばもう既に就寝時間、私はこんな経験アリアリです。

でも今はもう大丈夫、理由はタイマーを使うようにしたから。

この記事では忙しいあなたにこそオススメしたいタイマーの効用について紹介します。

この記事を読み終わる頃には、あなたの一日の充実度は益々向上してすること間違いなしです。

目次

(スポンサーリンク)

タイマーの効用は時間強制力に有るのだ

タイマーの効用、それはズバリ時間強制力にあります。

セットしたその時が来れば容赦なく鳴り響くアラーム音は気づきを与えてくれる福音です。

脱線している時には「喝!」、調子が良い時にも「ちょっと一息つこうぜ」と絶妙のアドバイスを与えてくれるタイマー。

何事をするにも開始前にはタイマーセットを習慣つけたいものです。

ちょっとググって検索のつもりがいつの間にかネットサーフィン、気づけば1時間も経過しちゃった。

私は記事原稿を書いている時こんな”しでかし”を結構やっちゃってました。

私自身は遊んでいるつもりは全くなく、どんどん深堀りしていった結果の前向きな脱線。

でもこれって要注意! 本来目的を忘れてしまった結果です。

調べ物を含め目標時間内に記事を書き終えるのが収益を目指すライターには必須の感覚。

好奇心で深く調べること自体は知識が深まって良いこと。

でも今一番大切なことは目標時間内に記事を書き上げること、記事執筆に必要な情報が集まればそれで十分なのです。

楽しい知の探求に没頭してしまった私に「おい、それ今やることかい?」と気づきを与えてくれるのがタイマーアラーム音。

予め決めておいた時間になれば、こちらがどういう状態であれお構いなしに鳴り響くアラーム音、まるで神様からのお告げのようです。

タイマーは調子がわかるバロメーター

心に強く誓った目標、強い意志で取り組んでいることでも、”人間だもの” 気乗りしない日ってあるものです。

今日はなんかいつもよりタイピングが重いです。

ノリノリなのか、ちょっと疲れ気なのか、今の自分の状態を確認する、効率的に時間を使うためには必要な情報です。

例えば疲れ気味だったら、創造的な執筆活動よりも情報収集にあてるとか、思い切ってリフレッシュタイムにするとかした方が生産性アップ間違いなし。

根性で同じ作業を続けるより効率的なのは間違いなしです。

こんな時、気づきを与えてくれるのがタイマー。

タイマーがペースメーカーとなり、あなたの今日の調子を教えてくれます。

「今日はハイペースで調子が良いね」

「ちょっとペースが落ち気味、お疲れなので一服入れてはいかが」

タイマーはこんな気づきを与えてくれる優れもの。

『何かを始める前にはタイマーセット』

あなたも是非お試して実感して欲しいです。

もちろん私は既に実践済、習慣化してますよ。

タイマーなら何でも良いと思いますが、私はこれを使用してます。
使い勝手良いですよ。ご参考まで。

ところでタイマーは何分でセットしてる?

私はタスクの終了時間ではなく、いつも25分固定で設定しています。

詳しくはこちらの記事も参考にして下さい。

あわせて読みたい
パーキンソンの法則は本当だった!時間がかかる理由はこれだ やるべきことはできているが、いつも時間いっぱいギリギリまでかかってしまう。 あなたにこんな悩みは無いだろうか。 例えば今週末までに仕上げる必要があるタスク。 最...

まとめ

この記事では私が実際に活用しているタイマーの効用について紹介しました。

タイマーはセットした時間がやってくればアラーム音を響かせて気づきを与えてくれます。

そこに忖度は有りません。

あなたが脱線している時には「喝!」を、ノリノリで調子に乗っている時には「一服」のアドバイスをしてくれるのがタイマー効用。

人は放っておくとしでかすものと考えて対策を打っておくのが一番。

「私は意志が強いから大丈夫」と思っているあなた、しでかして後悔する前にタイマー活用の習慣化をお勧めします。

私はタイマー活用を実践してから益々日々の充実を実感中。

あなたもぜひタイマーを活用して一日も早く夢を実現して欲しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次
閉じる