想像できることは実現できる、夢は遠慮なくどんどん見るべし

(スポンサーリンク)

「将来は世の中を変えるようなビックな発明をするんだ!」

「1億稼いで豪遊よ!」

なりたい自分、いつも夢見ている未来。

変化変容を志している人であれば、日々様々な想像をしていることでしょう。

ところで、「今まで想像すらしてなかった事が急に目の前に現れました!」な〜んてこと、ありました?

どんなに偉大な発明であれ、必ず誰か想像していた人がいる、夢を見ていた人がいる。

世の中に存在するすべてのものは、例外なく誰かの想像や夢が現物となって現れただけ。

という事は、まずはあなたの想像なければ、あなたの夢がなければ実現しない、
「想像&夢ファースト」
ということではないでしょうか。

この記事では想像できることが実現する、逆に言えば想像すらできない事は実現しない、と言う事について考察してみました。

この記事を読み終える頃には、きっとあなたは妄想して夢を見まくっていることでしょう。

目次

(スポンサーリンク)

想像したことが見事に実現、事例を紹介

どんなに偉大な発明であれ、必ず誰かの想像であり、それが現物となったものである。

誰もが知っている事例を紹介しましょう。

  • あなたが毎日使っている「スマホ」=スティーブ・ジョブズの想像
  • 離陸の時のワクワク感がたまらない「飛行機」=ライト兄弟の想像
  • おかげさまで起きてる時間が長くなりました「電球」=エジソンの想像

偉人たちが想像してくれたおかげで便利なものが現実となっています。

ところでこのように世の中を変える素晴らしい想像はいかにして生まれたのでしょうか。

なんか訳わからんけど、朝起きたら枕元にスマホがありました!

こんな事は多分無いですよね。 まぁ絶対に有り得ないでしょう。

スマホであればスティーブ・ジョブズが、「手のひらにおさまるコンピュータ」、その事をずーっと考え続けていて、ある日パッと閃いたものでしょう。

何も考えていないのに、ある日突然スマホが閃く事はない。

顕在的に潜在的に考え続けていたからこそスマホが想像できた、きっとそうである。

「想いが現実化する」これは何も偉大な発明に限ったことではあるまい。

どんな些細なことであっても、「想像できない」、「想像していない」、そんな事が突如として現実となり目の前に現れるなんてことはこの世では「絶対に有り得ない」と私は思っている。

だから目標が大事なのよ。

目標を立てるという事は、未来を想像していることになる。

あなたの脳内には映像が映っているはずである。

その脳内映像を言語化して紙に書くのが目標。

絵が得意な人であれば、絵を描けばより鮮明にイメージできる。

人や物などのモデルがあれば、その写真を飾ったり動画を見るのもおすすめだ。

ビジュアルに訴えた方がより鮮明なイメージなる。

イメージを膨らますと、どんどんワクワクしてきませんか?

想像を実現するために必要なひと工夫

なぜ想像してイメージを膨らませると実現に近づいていくのか。

それは潜在的に顕在的に脳が実現に向き動き出し、引き寄せが働いているからでしょう。

ここでひと工夫が必要だ。

現実化するまでの道程についても明確にイメージすること。

例えば、プログラミングを学びIT企業で活躍する夢を持ったとする。

なんとなく評判の良いプログラミングスクールへ通いました。
→スクール通いのその先を想像できていますか?
→スクールでいつまでに何を学びますか?
→その学びを生かして次のステップをどう考えていますか?
自分は運が良いのできっと誰かが引き揚げてくれることを想像したとする。
→そう思うなら、引き揚げてくれるそうな人をリサーチしてますか?
→その方と出会った後の展開を想像できてますか?

夢が実現しないと嘆く前に、自分はどこまで想像できているのか確認してみよう。

あと自分が勝負を挑むフィールド選びも大切だ。

そこで勝つ事を想像できますか?

自らが勝ちを創造できないないフィールドに乗り込んで勝てるはずがない。

既に強敵がいる市場にはチャレンジするな、と言っているのではない。

世間から無謀な挑戦と思われても良い、大事なのは自分自身が「勝ちパターン」を想像できていること。

  • 自分は何ができるのか?
  • 自分の強みは何か?
  • その市場に対しどのような価値提供ができるのか?
  • どのようなライバルを想定し、それに対してどのようにして勝つのか?

自分自身ですら想像できないのなら、飛び込んでは撃沈するだけである。

成功を目標への到達を想像できないのなら、一度歩みを止める事も必要。

戦略、戦術無しにガムシャラに進めば木っ端微塵にやられるだけ、心ない輩にカモにされるだけだ。

「ビジュアルに想いを描く」

画像、映像情報が豊富にある時代、絵心がなくともネットに良い素材が溢れている。

それらを有効に活用し自身のビジュアル装備を充実させる。

あとはそれを現実化するだけだ!

あわせて読みたい
直感スピリチャルに従っている!?実は操作されているかもよ 主体性を持って自分の未来につながることをする。 7つの習慣の第二領域に時間を費やすためには無駄な時間の排除、つまり無駄なことに認知を奪われないことが大事。 逆に...

まとめ

この記事では想像できることは実現できる、目標や夢の実現のには、まずクリアに想像することの重要性を紹介しました。

思い描けないものは実現しない。

なりたい姿そこへの道程をビジュアルにできるだけ詳細にイメージする。

例え世間が無謀な挑戦だ、と言っても気にする必要は全くない。

そこに明確な勝ちパターンが見えているのであれば。

大いに夢を見ましょう。

その夢はいつかあなたの脳が必ず実現します。

おまけ【名言からの気づき】

夢なき者は理想なし。
理想なき者は信念なし。
信念なき者は計画なし。
計画なき者は実行なし。
実行なき者は成果なし。
成果なき者は幸福なし。
ゆえに幸福を求むる者は
夢なかるべからず。
by 渋沢栄一

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次
閉じる