変化変容すると決めたあなた、どんなスピードで活動してる?

(スポンサーリンク)

今のままではだめだ!

オレは今日から変わるんだ!

と決意したあなた。

その後、どんなスピードで活動してますか?

目次

(スポンサーリンク)

他人のペースでやってみての気づき

早い人に合わせてみる

自分のペースで歩いているときには、特に何も感じなかった距離が、他人のペース、特に意外にも、自分よりも遅いペースに合わせて歩いたとき、逆に疲れを感じた経験は無いだろうか?

人にはそれぞれ心地よいペース、リズムと言うものがあると思います。

成長を志している人であれば、心地よいペースよりちょっと早めのペースの方が、「やってるぜ」感も得られ、より心地よいかもしれません。

遅い人に合わせてみる

一方、自分のペースより遅い方に合わせるとどうなるか?

自分の力を100%出さなくても済むので、楽かと思いきや、意外にもこちらの方が疲れると感じるのは私だけでしょうか。

遅い方に合わせると言う事は、アクセルとブレーキを同時に踏んでるようなもの。

その違和感から、行きたくても前に行けない、心と体が幽体離脱する、と言う現象が起こり、その結果、疲れを感じるかもしれません。

結局は自分のペースが快適だ

そうであるならば、何も他人のペースに合わせる必要はありません。

自分のペースで周りを活動する。

周りのリズムが自分のペースになる様に仕込む。

自分で渦を起こして、それに周りを巻き込む。

そんなことをしてみた方が、人生楽しく生きられそうだ。

例えば、他人に決められる前に、自分で期限を決める。

自分で会議を設定し、周りを巻き込む。

長期的なスケジュールを先に立て、忙しい人のスケジュールを押さえる。

などなど、自分のリズムをキープする工夫は、いくらでもあるはずだ。

他人のペースに巻き込まれ、愚痴ったり、疲れを感じたり、振り回されないために、自分から渦を巻き起こし、その渦に他人を巻き込む。

工夫次第であなたは主導権を握れますよ。

役職とは関係なしに。

まとめ

人にはそれぞれ心地よいペースと言うものがある。

逓増する人生を目指すのであれば、

心地よいよりちょっと早めのペースのほうがいいかもしれない。

逆に遅めのペースに合わせると、リズムが乱され疲労を感じる。

日々快適に心地よく過ごすためにも、自分のペースで活動したい。

そのために、渦を巻き起こし、その渦に周りを巻き込む。

名言からの気づき

夢中で生きることを、「生きる目的」にする。
by 斎藤茂太

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次
閉じる