変わりたいサラリーマン、どのタイミングでGOが良いのか?

(スポンサーリンク)

働きから改革、テレワーク、昨今のビジネス環境の変化は激しい。

この激しさは今後ますます加速しそうだ!

そんな中、「現状がいつまで続くかわからない……」と不安に思っているサラリーマンは多いのではないか。

変わりたい、変わらねば、じゃあいつ、どのタイミングで変わるんだ?

新しいことに取り組もうとしている時、 どのレベルまで準備できたら世に出ても良いのか?

悩んでいるうちに、出発がどんどん先延ばしになっていく……

案外そんな人が多いのではないでしょうか?

特に異分野への挑戦の場合、自分への自信のなさが、 先延ばしを助長しまう傾向があるかもしれません。

目次

(スポンサーリンク)

どのタイミングでGOするべきなのか?

世に出すための判断基準はどこにあるのか。

  • 知識レベル?
  • 技術レベル?
  • 世の中のトレンド?
  • 何かのタイミングを待って?

例えば、車の運転の場合、世に出るための判断基準は、交通ルールの知識レベルと、運転技術のレベルが一定水準以上にあることです。
車の場合は、免許取得の試験があるので、誰もが迷う事はないでしょう。

ところが、明確な判断基準がない、自分で判断をしなければならない、そのような場合、どうして良いか分からなくなりませんか?

例えばブログ記事を書こうと思った場合……

  • WordPressの機能を十分に学習してから?
  • 文章作成スキルが上達してから?
  • Noteなど他のメディアで練習してから?

どの問いも、ある意味では当てはまるし、別の意味では当てはまらない。

それは……

  • その人が、それに何を求めているのか?
  • その発信は、何を目的にしているか?

によって違ってくるからだ。

つまり、GOのタイミングには、教科書的な解は無いのである。

スキルのレベルではなく、「機が熟した時」

この時がまさに「GOするタイミング」と言えるであろう。

先ずはやる、やると必ず気づきがある

「ブログで発信してみたい」と言う、思い、勢い、旬などの方がライティングスキルよりも大事かもしれない。

  • やって気づくことがある。
  • やらないとわからないことがある。
  • 勝手に思い込んでいた期待は、妄想だった可能性もある。
死ぬこと以外はかすり傷の精神で、思いついた時に、「まずはやってみる」と言うのがベストの解かもしれない。

ブログなどネットでの話であれば、費用はサーバー代程度。

ネットには優良かつ無料提供されているもの一杯ある。

初めはお金をかけずに「まずはやってみる」

やらずにいつまでも妄想を抱くのが最も良くない。

  • 恐れずに現実を見る
  • 理想と現実のギャップを把握する
  • ギャップを埋めるためにすべきことを理解する
  • すべきことをひたすらやる
  • 合わなければ別に切り替える(見切りも大事)

今はサラリーマンであっても、自分の人生を自分で切り開ける時代。
会社で自己実現できないと判断したら、辞める必要はないが、自立しよう!

あなたの人生の鐘を鳴らすのは誰でもない、あなた自身なのだから……

ということで、ライターとしての自立を目指す私は、このブログをやってみることにしました。

操作など不慣れな点が多いですが、やりながら学んでいきますよ。(笑)

まとめ

何かに興味を持つ、やってみようと思う、その時が、自分にとってのベストタイミングであろう。

まだ、レベルが低いんじゃないか?

なんて、考えていると、GOのチャンスを逃してしまう。

やってみて、初めてわかることもある。

死ぬほどの致命傷がないのなら、思ったら即GOである。

名言からの気づき

「チャンスが来たらやろう」じゃなくて「チャンスが来るためにやろう」
by 吉岡秀人

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次
閉じる