【闇落ちトマト】曽我農園がとったツイッター作戦って何だ?

(スポンサーリンク)

「闇落ちトマト」、やみに落ちてしまった?トマト。

その何とも不気味なネーミングが話題になり、テレビや情報誌など多くのマスコミに取り上げられている「闇落ちトマト」。

実はこのトマト、もともとは美味しいトマトを作るために、どうしてもできてしまう農家さんにとっては厄介者のトマトなんです。

おいしさは変わらないのに、見栄えが良くないだけで売れない残念な「闇落ち」。

こんな弱者トマトがツイッターをきっかけに売り切れ続出の超人気トマトに大変身。

残念なトマトがイメージチェンジして「アイドル・トマト」になったのです。

丸かじりするほどトマト大好きな私が気になっている「闇落ちトマト」ヒットの秘密を紹介します。

この記事を読めば、きっとあなたの中の「残念」を「魅力」に変えるヒントがわかりますよ。

目次

(スポンサーリンク)

闇落ちトマト曽我農園のツイッターとは

これが、25万件のいいね、8.3万件のリツイートを獲得した闇落ちトマトのツイート。

トマトのきれいな赤の中にシミみたいな黒。
本当にやみに落ちたみたいです。

このツイート、いいねを集めまくった理由は3つ。

  1. インパクト
  2. 安心&安全
  3. 納得の共感
1.インパクト│あえて欠点のドアップ写真

「尻腐れ」と言われているくらいだから、見栄えはどう見ても悪い。

これを隠すことなく、むしろドンとアップで出すことで読者の関心を引き寄せています。

どんなに素晴らしいツイートをしても、読んでもらわないと読者へは伝わりません。

ツイートは画面をスクロールしながら見るけど、
インパクトのある写真だと思わずストップしますね。

多くのツイートに埋もれることなく読者に発見してもらう。

そのために必要な目を引く強烈なインパクト。

まずは存在を知ってもらう、そのためには大げさくらいがちょうど良いかもしれません。

2.実は大丈夫│原因は病気ではなく甘くするため

マイナス側へ大きく振ったら、それと同じ位プラス側へも大きく振る。

このギャップに読者はますます惹きつけられます。

引用元│曽我農園ツイッター

写真の左側には、読まずにはいられない「闇落ちとまと」の説明文あり。

  • 「尻腐れ」はトマトを甘くするためにできてしまう生理障害。
  • 原因は水やりを少なくすることであり病気ではない
  • 見た目は怖くて敬遠されがちだが実はとっても甘い

説明文を読んだら「闇落ちトマト」に興味津々。
美味しそうなので食べたくなっちゃった。

読者の「へぇ」を見事に引出している説明文。

感情の揺れの大きさに比例して、読者の興味もどんどん大きくなります。

マイナスに振れた分だけプラスにも大きく振る。

読者の関心を留めておくために大切です。

3.納得の共感│そうそう、そうだよね!

説明分はさらに続きます。

誰でが知っている人気SF映画「スター・ウォーズ」のアナキン・スカイウォーカー。

並外れたフォースの力を持ちながらダークサイドの闇へ転向してしまったアナキン。

あっ、これって甘くて美味しいのに
「尻腐れ」になって売れなくなったトマトと同じだ。

アナキンが転落してしまった闇、ここからヒントを得て「尻腐れ」を「闇落ち」と改名。

アナキンと闇落ちトマトのストーリが重なり、読者の共感「そうそう」が「いいね」ポチッへつながったのです。

読者の誰もが知っているものへの例えだからこぞ、想像しやすく共感を生みやすい。

これで読者の心の鷲掴み、大成功です。

闇落ちトマトの曽我農園はどこにある?

引用元│曽我農園ホームページ

曽我農園の所在地は新潟県新潟市。

新潟のトマト?
トマトは真夏の太陽のイメージだけど、意外にも雪国の新潟なんですね。

新潟でトマトを生産する理由、その一つに新潟県民のトマト好きがあります。

実は新潟県のトマト消費量は全国でもトップクラス。

トマト好きな県民のために「日本一美味しいトマトを作りたい」。

そんな熱い想いでフルーツトマト「越冬トマト」を作り続けているのが曽我農園です。

冬に栽培する「越冬トマト」、厳しい冬が引出した旨さは「野菜ソムリエサミット」でも認められ大賞を受賞するほどのおいしさ。

曽我農園の「闇落ちトマト」はこの「越冬トマト」の「尻腐れ」品、ちょっと見栄えが悪いだけで甘くて美味しい訳ですね。

新潟市に近い方は直営販売所で採れたて新鮮で最高に美味しい「闇落ち」を購入できます。

トマトに興味津々のあなたはこちらの記事もどうぞ。

あわせて読みたい
【川名 桂さん】東大卒がなぜ農業? なぜ東京の住宅街で? 熱い想いにせまる カンテレ・フジテレビ系の番組「セブンルール」で紹介されていた【川名 桂】さん。 東京の住宅街のど真ん中でトマトを地産地消する農家さん、ネイバーズファームの代表...

まとめ

この記事では、一度聞いたら忘れないインパクト大の「闇落ちトマト」、ネーミング普及に貢献した曽我農園のツイッターについて分析しました。

1.あえてインパクトの強い欠点をさらけ出し読者を引き寄せ
2.驚いた読者に病気ではなく美味しさを引き出すためのものと安心を説明
3.誰もが知っているアナキンと闇落ちを重ねストーリー性から共感を生み出す

その結果、そうそう、わかるわかる、の共感が25万件。

多くの闇落ちファンを獲得したのでした。

これって、あなたの担当している商品やあなた自身にも応用できそうですね。

闇落ちトマトを食べながら、欠点を利用してファンを増やす作戦を考えて飛躍しちゃいましょう。

それにしても捨てていたトマトが大人気商品になるなんて、ネーミングの力ってフォースですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次
閉じる